広島県広島市中区の自宅サロンで、
骨格診断・パーソナルカラー・メイクレッスンで未来を笑顔に…
たにだ彩です。

昨日はベストオブミス広島大会へ
応援しに行ってきました♡

ミスユニバースジャパン、
ミスグランドインターナショナル、
そして
年代別のミセス広島ビューティー
が選ばれる大会です。

下の写真は、
ミスユニバースが選ばれるところ。
ここまでくると皆が皆なってもおかしくない。

私がなぜ今回初めてこの大会を
見に行ったかというと…
ギブ塾の先輩でもあり
ヨガインストラクターの峠山咲子さんが
30代のファイナリストとして出場され
応援しに行きました!

8月に初めてお会いした時がこの写真。左下が峠山さんです。 
下段がギブ塾2期生で、上段がギブ塾3期生です。
(この時は3期の中井さんと日高さんはいなかった)

2期生の方皆、お綺麗〜

峠山さんも雰囲気あるわ〜って思っていました。

その半年後…大舞台で光り輝いておられます。

見事30代部門でグランプリ!

峠山さんは左。
右の方は2019年の30代グランプリの方。

ちょうど一年前にこの舞台に立つんだ!という

目標を設定されたそうで
たくさんの困難に立ち向かい、
乗り越えてきた結果でした。

ミセス広島30代部門

このミセスの舞台に立っている皆、 主婦を経験し、
そして仕事と家庭の両立だったり
家族やまわりの協力を得ながら
限られて時間の中でいかに自分と闘うか。

一人一人ドラマがあって、
挑戦している間はおそらく必ず
逃げたくなるような部分に
直面しなければならないと思う。

その直面した時に
どう向き合い、
それを自分で認めてあげられるかで
その人の成長度合いが決まるんだなぁと
感じました。

女性の場合、
自分のことだけをやってればいい訳ではないので
挑戦すること自体が
輝く第一歩なんだな〜

美の祭典ではあるものの、
結局は
自分で決めたことに立ち向かう!
そんな姿勢が
強くするしオーラを放てるんだと思う。

そうなると、
【内面→外見】を作るのだろうし、

【外見→内面】で自信を持てたりするのだろうし、
それぞれを自分の中で高め合い
そのバランスを調整する。

誰かと比べるでもなく、
それこそが自分との闘いというもの。
私も含め、
誰かと比べたくなっちゃうけど、
比べたところで美しくはならない。

自分との闘いこそが美に直結しますよ♡

ギブ塾3期生と初代40代グランプリの
藤岡さんに立ち姿をレクチャーしてもらい、
ステージと同じパネルのミニバージョンの前で。

美は〇〇で作られる
Tagged on: